2009年11月03日

潤ったフトコロで気楽な投資三昧。G出版社の婿殿・小宏の選んだ第二の人生。私の書評初挑戦開始。

リーが言うには、小宏はそれほど裕福な家庭に育ったわけではないし
昔からブランド志向な面が多々あった。
よって、適齢期の最中にある大手出版社社長の娘と会い、基本的な「受け入れライン」を越えれば、今の彼女とサヨナラしても華やかな蝶の方へ舞い行くことは十分考えられる。もちろん、周囲がそれをとやかく言うことではないだろう。実際、小宏はけな気にも義理の両親と同居し、良い婿であろうと努力している。現在では、一人息子の学校の帰りは彼が運転して迎えに行く。朝はお抱え運転手がその勤めを果たす。また、海外も含め、ちょくちょく出張に出かける妻が不在の時は彼が子守り役。いくら経済的に恵まれても、こういう生活を嫌う男性は多いはずである。

小宏は社長令嬢と結婚後、そのG出版社で働き、リーと私が退職した会社にもまだ籍を置き、週に一日だけ出勤している。特別なはからいでと言える。これも、小宏の妻がG出版社の次期社長ということが大きく関係していることは明らかである。

お金持ち一家の婿殿になった小宏には、それぞれの会社から得る報酬はすべて自らの小遣いのようなもので、株や投資信託などにつぎ込んで楽しんでいる。
そんな暮らしを好むか否かはその人各々の価値観が決めればよい。少なくとも小宏は財布の潤ったマスオさん生活を謳歌している。リーには耐えられないだろうが。

とにもかくにも、そんなG出版社の書評の依頼を受け、恐る恐る始めたのが、リーが新しい会社に入社したのと同時期のことだった。
posted by マダム スン at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。