2009年11月02日

G出版社長令嬢を追いかけた小宏。やはり下心あり?! 逆玉の輿結婚成立後、マスオさん化する。

もちろん好みによるが、小宏はパッと目を引くタイプである。
私の面接時には何人かの幹部が試験に顔を出したが、後々覚えていたのは彼くらいだった。もらった名刺から考えると、リーも面接官の一人だったようだが記憶にない。小宏は長身で、台湾人には思えない顔立ちをしていた。アジア人なのだが、生粋の中国人とちがう、彫りが深く個性的な顔なのである。
高校時代の同級生であるリーは、小宏がそれほどモテたようには言わないが、「何人か一緒にいて目立つのはヤツ」と一度言ったことがある。

さて、G出版社長令嬢と小宏の馴れ初めである。
ある日、仕事の話をするため社長令嬢は我が社を訪れる。
その時、会議に加わった中に財務部長だった小宏もいた。そして
2人のロマンスが始まるが、初め積極的だったのは小宏の方だったらしい。
当時、社長令嬢はもうすぐ三十路を迎える頃で、小宏は彼女より4〜5歳年長、交際中の彼女がいたが、G出版社に方向転換する。「身内同伴可」な社員旅行には交際していた彼女を連れて来たこともあり、小宏の行動に社内ではブーイングが起こった。

だが、社長令嬢と小宏は逆風をものともせず、逆玉の輿結婚と相成ったのであった。「お家柄」は妻の方が上なのは歴然としており、結婚と同時に小宏は令嬢のお〜きなマンションに越し、義理の両親との同居が始まった。日本より格段に少数な、事実上、いわゆる婿養子に入ったのである。

posted by マダム スン at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 家運低迷期突入す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。