2009年10月11日

荷造りに勤しむ。ソウル最後の外食は寒鶏湯(サムゲタン)。林さん親子との悲しい別れ。

揺れに揺れたが、4月6日にソウルを発つことが決まった。
送別会が終わった翌日から、私は荷物の整理に多くの時間を費すようになった。あと5日・・・・・ そわそわ落ち着かず、整理すべき物もいっぱい。それでも食事は摂らねばならず、買物はまだ必要だし、休む間なしの忙しさだった。
3日に引越し会社の担当者が見積もりに来て、5日梱包、荷出しとスケジュールが組まれた。
4月21日には日本へ帰国することにしており、台湾経由でなく日本へ送るものは別に段ボール箱に詰め、ベビーカーに載せて郵便局へ行った。月曜日でリーは出勤。自分で解決するしかない。11kg、なかなかのものである。
郵便局窓口で、いつものように英語で奮闘。
船便で25000ウォン、当時なら2500円ほどだった。韓国の物価高からいえば、安いほうである。

そうそう、その前日の日曜日は、時々行っていた牡蠣の店へ足を運んだ。韓国で最後の外食だった。
そこは牡蠣がウリモノとは言え、一般的な韓国料理も豊富で、私はだいたい寒鶏湯(サムゲタン)を味わった。鶏の内臓を取り出し、もち米、ナツメ、にんにく、高麗人参などを詰めて煮る、あれである。一人前にちょうどよい半鶏分のものがあり、重宝した。もともと鶏肉好きな私、文字通りほっぺが落ちそうであった。その店は大根キムチもおいしく、ぱりぽりごちそうになったものだ。

ソウルで林さん親子と最後に会ったのは4月4日。
林さんとは気が合い、夫の愚痴などを言い合い、ランとミクちゃんは同い年、これからも末永くつき合いたいと思っていたが、その日以来彼女たちとは会っていない。
林さんの念願叶い、数ヵ月後ご主人は東京支社勤務となり、家族3人東京へ越したが、彼の浪費癖、暴力、浮気などが家庭の平和を脅かし、林さんは部屋を借り、別居。
以来、いくら私がメールしても返事が来ることはなかった。
「気持ちがすさんで、話したくないなら仕方ないです。でも、陰ながら応援してるからがんばって。そして、林さんにはソウルで本当にお世話になりました。たくさん助けてもらったこと、一生忘れません。ありがとう。」
心をこめて書き送った。
posted by マダム スン at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | リー新任地、ソウルへ移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。