2009年09月09日

家族そろって初の台湾一時帰国、義母宅に居候。韓国にもたくさんの冷凍ギョーザあり。

坂下さんが初めてエマちゃんを連れて我が家に遊びに来てくれた翌日から9月19日まで、一家4人そろって台湾に一時帰国する。
リーは本社での定例会議出席の務めもあるので、毎月ソウルー台北間の航空券が提供されたが、私たち家族は会社からのそれが半年に一度しか得られなかった。
それでも、7月30日にソウル入りしてから2ヶ月足らずで台湾に戻ることになったのは、リーとの共通の同僚の披露宴に招待されていたことと、9月18日が中秋節だったからである。
リー個人の台湾出張時と同じタクシー会社から、定刻に黒く光った大型ワゴン型タクシーが迎えに来てくれたが、早朝出発は大変だった。

4泊5日の台北一時帰国は、リーだけ自宅で寝泊りし、私と娘たちは義母宅に居候した。義母宅には8畳くらいの畳の部屋があり、母娘3人が雑魚寝するには持って来いでもあった。多くの家財道具が韓国へ行っているため、とても不便な我が家だったのだ。ケーブルテレビも契約を切っていた。
さすがに台北は9月と言っても太陽が夏の勢いを持ち、とても暑く、ソウルを恋しく感じる気持ちさえ湧くことに我ながら驚いた。住めば都? 

搭乗前、懸念した重量オーバーもなく、どっさり台湾の物を持ち帰る。新たに購入した品もあるが、あったら便利な、使い慣れた天ぷら鍋や秤なども一緒でうれしい。
しかし、冷蔵庫はスカスカ。ソウルに帰った翌日は、カレーライスや冷凍ギョーザでしのぐ。
台湾同様、韓国にも多種多様な冷凍ギョーザがあった。中でも私の一押しは、円形に包まれたキムチたっぷりギョーザ! 娘たちには辛くて無理なので、いつも普通のとこのキムチ入りのをストックするようになっていた。
あー、なつかしい、あのボリューム、あの辛さとからむ美味、、、、
posted by マダム スン at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | リー新任地、ソウルへ移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。