2009年09月01日

キミーは台湾留学経験ありの秘書。マンション管理人、テイさんは元高校教師。彼の存在に助けられる。

リーの台湾本社出張は毎月あり、数日間とは言え、週末にかかる時は特に緊張を強いられた。その地の言葉ができないということは、実に非常に肩身の狭い思いをさせられると痛感する。
平日なら、台湾の大学に留学していた、中国語を解すリーの秘書が隣りのビルに出勤しているので、まだ気は楽だった。何かあれば、すぐ来てもらえると思えたし、彼女も常に私たちを気にかけてくれていた。
彼女はキミーという30代前半の独身で、私と同じ一人っ子、両親と同居していた。リーは時々、キミーの中国語の書く能力に不満をこぼしたが、私と会話する上では何ら問題はなかった。ランやメイも可愛がってくれた。

キミーが出勤して来ない週末にリーの出張が当たると、頼みはマンションの管理人に移行した。キミーの携帯番号は知っていたが、彼女の自宅から我が家までは1時間ほどかかったし、実際、数人いた管理人の男性は交替で24時間詰めており、日頃から顔を見れば親しく挨拶を交わし、信頼も寄せていた。

中でも、管理人長らしい70歳になろうかと思しきテイさんは勤務回数が多く、年齢のわりに(失礼!)英語が少しでき、日本語の単語もちらほらわかったし、人の良さそうな笑顔が何より私たちを和ませた。たしか高校の先生をしていて、退職後家でぶらぶらしていてもつまらないと、その仕事を始めたらしかった。
アンニョンハセヨ〜くらいしかまともに話せない私だったが、身振り手振り、英語もまじえて、わかったのかわかってないのかはっきりしないまま、互いに笑い、頷き、手を振り合ったりして、それでも通じ合う実感を喜んだ。
テイさんにとって、ちょうど孫ほどのランやメイを見るたび、「オ〜!!」とやわらか笑顔で近寄り、抱き上げたり、頭を撫でたり。
娘たちもすっかり彼になついていた。
リーの留守時、テイさんが特に夜勤だとうれしかった。
管理人室の中や、そのドア付近にパイプ椅子を出し、腰掛ける彼の姿を思いつつ、ひと晩何事もなきことを願い、眠りについたものである。
posted by マダム スン at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | リー新任地、ソウルへ移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。