2009年08月23日

韓流ブームたけなわながら「冬のソナタ」も知らない私。ソウル入り2日目で弱音吐く。

7月30日夜8時頃、ソウル市内の新居に到着。
空港へは会社が手配するタクシーがリーを乗せて迎えに来てくれていた。タクシーと言っても大型で、ピカリと光った黒塗り。かなり高級感がある。ソウル支社長ゆえの高待遇かと感じる。
義母は約1ヶ月滞在することになっていた。

私はもともと韓国行きに消極的だった。
当時は韓流ブーム最高潮であったが、私は未だに「冬のソナタ」を観たことがないし、ハングル語もかじりかけたがどうもとっつきにくくあきらめ、歌手などタレントや文化にも興味を抱けなかった。
ハングル語がダメなら英語で押すしかない、と開き直っていた。リーの秘書が台湾留学歴のある女性で、中国語が堪能というので、なんとかなるだろうと甘えてもいた。

それから歴史を鑑みても、韓国人は日本人に強い反感を持っているはずだし、それ同等にコワいのは冬の厳しい寒さだった。
寒がりな私は台湾の温暖な冬にすっかり慣れ親しんでおり、北海道並みに厳しいと聞く冬をどう乗り切ろうかと考えてはため息をついていたのだ。

そんな「先入観」のせいか、ソウル入り2日目、「日本に帰りたい。物価は高いし、言葉はわからないし、家の中でも慣れず、失敗が多い。」と日記に書き出している。幼い娘たちのために、いざと言う時の小児科、救急病院なども調べなくてはならなかった。
前途多難。
そして、日本同様に蒸し暑いソウルの夏。
不安なスタートとなった。
posted by マダム スン at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | リー新任地、ソウルへ移住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。