2009年08月06日

マネーロンダリング警戒!未成年の「開戸」は多難。台風を待つ台湾。

今朝は9時になる頃を見計らって、徒歩5分余りの台湾銀行へ娘たちと行った。リーが娘たちに口座を設けてやろうと決め、私にその任務を託したのだ。
銀行口座を作ることを中国語で「開戸」という。日本ではどうなっているか知らないが、台湾では未成年の開戸、特に7歳未満のそれはとても厳密に審査され、手間がかかる。親の身分証、健康保険証、戸籍謄本のような書類、印鑑などなどに加え、銀行指定の数種類の書類に記入し、その窓口で親子ともども写真を撮られ、通帳が出来上がるまでに一時間半かかった。ランとメイ、2人分とは言え、大仕事である。これでもATM用カードなどの手続きを省いている。
幸い、娘たちは思ったより辛抱強く待っていてくれて助かった。

これだけ開戸に厳しいのは、「洗銭」などの違法行為を防ぐためらしい。中国語で「洗銭」、いわゆるマネーロンダリングである。
童という、珍しい姓の若い男性職員が担当してくれたが、見ていて頭が下がった。少しでも不明なことがあると、上司に内線で尋ねているし、あちこちの書類に何度も印鑑を押し、パソコンに何やら打ち込み、通帳取得までの段取りを整えてくれた。謝謝!

さて、その銀行と食料品買出しからの帰り、雨が降り始めた。
沖縄近辺にいる台風が台湾に接近している。明日あさって、最も影響を受けそうだ。(ちなみに、台湾もアメリカのように、台風には女性名をつける。ジェーンとかグレースとかだ。)
しかし、雨不足が続く台湾。防災対策はしっかりするとして、この台風による水の恵みを期待している。
posted by マダム スン at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009台湾夏報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。