2009年07月01日

母もロタウィルス感染、非常事態宣言。

歩けない大ケガでもないし、意識もしっかりしているので、救急隊員の方に申し訳ない思いがある。何度も頭を下げ、恐縮、お願いしますと言い、横になった。
下痢と嘔吐にも波があり、どうか小康状態の今のうちに病院に、と祈る。
「トイレに行きたくなったら言ってくださいね。」
とやさしく声をかけられるが、その措置が不要でありますように。

思い通じて、無事県立病院に着いた。
宿直医は女性で、数人の看護師さんが診察をサポートする。
時間を見計らって父が車で迎えに来てくれた。
処方箋を病院傍の薬局に持って行き、できあがるのを待つ間にまたトイレに駆け込んだ。自宅までの道中が心配になる。

何とか帰り着き、ランの離乳食やメイの授乳法を母に伝授し、私は父の書斎にこもる。まともに食べられないのに、炊事など可能な状況ではない。書斎に移動したのは、トイレに最も近いからだ。
もちろん、食欲はない。だが、なぜか、森永のマリービスケットが食べたくなり、あれだけは身体が受けつけた。不思議である。
薬をもらったとは言え、例によってロタウィルスは対処療法しかない。飲んだからといって、すぐ回復するものではない。
その上、夕方には母の下痢が始まった。彼女はまだ軽症で、自ら運転し、かかりつけの内科医を訪ねた。
どうしよう、、、、私はこのひどい症状と闘い、耐えるのが精一杯で娘たちの世話など無理だ。
父は昭和ひとケタ生まれ、家事などほとんどできない。女2人が寝込んでしまったら家内が回らなくなる、、、、、 
私は痩せゆく身体を横たえて、途方に暮れた。
posted by マダム スン at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル前、3ヶ月間の日本滞在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。