2009年06月07日

「ソウル後」を睨むリー。20日ぶりに二胡を奏でる。

一度は非公式ソウル転勤辞令を受諾するに見えたリーの態度が一転した理由は、かの地での任務を終えて台北本社に帰る時の「現実」に思い至ったからだった。
「ソウル支社長をやって台北に帰って、どんな席がある?どう考えても今以上の席はないよ。」
全部が全部ではないだろうが、海外勤務を終えて帰国すると、それなりのポストが用意されていたり、その経験を重視しさらに重用される会社が日本では多いのではないかと私は考えた。いや、そうあって然るべきにも感じる。
「そりゃそうだけどねえ。でも、うちの会社はちがうよ。ほら、東京へ行ってたビリーも、今じゃ取ってつけたような職位にいるし、北京に行ってるエディももし本社に帰ることになったらどこに座るのかと思うよ。ないもん、いい席なんて。少なくとも今以上のポストはない。現状維持だってむずかしい。」
言われてみるとそうだった。言葉は悪いが「飼い殺し」状態に甘んじている幹部はちらほら浮かんで来る。

「あなたが思うようにすればいい。」
私はリーに言った。社長がどう反応するかは置いといて、リーの判断を尊重するだけだ。

2月3日、寒波が緩んだ。
この日、入院した1月13日以来初めて二胡を弾いた。指は忘れていなかった。ホッとした。そして、二胡の音色をあらためて美しいと思った。
posted by マダム スン at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 4人家族になって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。