2009年05月11日

「どこで出産、誰が主治医」は大事なこと。

2週間に一度から一週間に一度になった定期健診。
毎回前日には珂産婦人科に予約の電話を入れたが、そのたび「陳医師はお休みです。」と言われるようになった。
「え、またですか? いつ復帰されるんですか?」
と訊いても、どの受付女史も「さあー、、、」と頼りない返事をする。
「他の先生にしてください。えーっと、、、謝先生はどう?いい先生よ。」
まるで八百屋か魚屋に買物に行ったような会話になって来る。
謝先生というのもいい先生かもしれない。しかし、ランの時からずっと診てもらっている陳先生には絶大なる信頼があったし、気心も知れていて安心できるのだ。

妊娠、出産というのは女性にとって一大事である。
どこで、どんな医師の助けを借りて出産に挑むかは大きな関心事であり問題だ。理屈より一種、信仰にも似たような精神的依拠となるか否か。ならないと不安定になりがちな妊婦の情緒は乱れる。

陳医師に早く戻って来てほしかった。予定日までいくらもない。今更主治医が変わるのは困る。
本当に困るわ、とリーとも話していたが、あろうことか、陳医師がそれからまもなく、ほんとうに、正式に珂産婦人科を離職したことを知った、というのがこの件の真相である。
だが、未だに陳医師が辞めた理由は明らかではない。
産婦人科を替える気にはなれず、私は真剣に、メイを無事に取り上げてくれる医師を珂産婦人科の中で探さねばならなくなった。
posted by マダム スン at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。