2009年05月07日

看病疲れ。育児ノイローゼを理解する。

高熱は出なくなっていた。下痢は幾分マシになったが続いている。咳はたまに出る程度。
その頃から赤い発疹が顔と上半身にたくさん見られるようになった。
幼婦医院の女医が話した予想される疾患の症状をリーは反芻してくれたが、確かに酷似している。その後、父もメールで彼が調べたランの病気と思われるものの情報を伝えて来た。
それらを分析すると、ランは「突発性発疹」と思われる。4ヶ月〜1歳の子供がかかりやすいとか、6ヶ月〜3歳と書いてある医学書とまちまちだが、とにかくそれらしかった。

発病して6日目くらいから、ランはようやく回復の兆しを見せ始めた。
調子が良くなると、彼女のイタズラも復活、叱っても聞かず、同じ事をくり返すので、私がイライラし、看病疲れでヒステリックになって自己嫌悪・・・・・>< 子育てでひどく悩むママが少なくないとか、育児ノイローゼになる人もいることが実感として理解できるようになったのはこの頃である。

ランの体調はまだ万全ではなかったが、おじやではない普通の白いご飯を食べる練習を始める。市場で買って来た、おへそまで届く大きなよだれ掛けをつけてやる。
案の定、なかなかうまく食べられない。私にも根気が要る。
その週末、リーは珍しく2日とも用事があり、家を空けた。よって、私は外出できず、悶々とする。
あー、外の空気を吸いたい。それか、ぐーっすり眠りたい。
posted by マダム スン at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。