2009年05月02日

台湾予防接種事情と、暑い11月。

満一歳を機に、全卵一個を食べてもよし、となったり、水痘の予防接種に行ったりした。
乳幼児諸々の予防接種は、台湾と日本では規定が異なる。
私はそれぞれの国でもらった母子手帳などを見比べながら、必要と思しきものにはきちんと対応した。
台湾では「衛生所」という、日本の保健所か保健センターに相当する公的機関のみで無料で接種可能なもの、保健所と一般の医療機関いずれでも接種できるもの、そして一般医療機関のみで接種すべきものといろいろあった。
いずれにせよ、一般の医院や病院の方が費用負担は大きいが、診療時間が長く、待ち時間も短くて済む最寄りの医院を選ぶ人はいる。うちもそうしたことがあった。赤ちゃんを連れて、連日大勢の人でごった返している衛生所で1時間も2時間も待つのはつらいものがある。ランが風邪をうつされるのも怖かった。

水痘の予防接種に行った際測ったランのサイズは、身長72p、体重8.5kg、頭囲45p。
テレビの中で誰かが手を振ると、それに応えて手を振る。ぺたぺた、ペンギンのように歩く。櫛で自分の少ない髪の毛を梳く。満一歳になったランはそんな成長ぶりを見せた。

その年の11月は暑かった。一度涼しくなっていたのに、再度25度を超える日が続き、私はノースリーブの服を着たり、ソックスを履かずに過ごしたりした。
また、日によって吐き気がひどく、ラン妊娠時同様、悪阻はどうやら出産までおさまりそうになかった。
posted by マダム スン at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。