2009年04月10日

異例のドンデン返し、リー、ビールで荒れる。

穏やかな表情に見えたのはうれしかったのではなく、諦念とショックが入り混じる、望み断たれた微笑だったのだ。テレビをつけたままソファに沈み、リーは悔やみ続けた。
女の子だと思っていたのに、産んでみると男の子だった、というパターンは時々あるらしい。
だが、その逆はめったにない。私も、次に定期健診へ行った際、陳医師も、「おかしいなあ、、、、男の子だったのになあ、、、」と解せなかった。でも、科学的に検査すると女の子なのだ、仕方ない。

いくつか名前の候補すら挙げ始めていたリーだった。
2人目の女の子を歓迎する私を尻目に、リーは出て行く。
「ビール買って来る。」
・・・・・・・・・
酒量は多くないが、彼は飲むのが好きだ。ヤケ飲みというのもたまにあった。
コップ一杯で幸せな気分になれる私よりはずっと強いが、飲めば飲んだ分だけ反応が如実に出るので、私は彼のお酒に好印象はない。
500ML6缶を提げて帰って来た。よからぬ副作用が出る量だ。
リーはテレビの前で、始終ぐちぐち言いながら、6缶とも飲み干し、大いなる落胆に荒れた。
posted by マダム スン at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2子出産も台湾で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。