2009年03月30日

ビザ求め、行脚はまだ続く。

昼食後、国際通りを歩いていると、雨は吹きなぐりの勢いになってきた。ホテルまで徒歩でも10分とかからないはずだし、何を急くわけわけでもない私は、ゆっくり見てみたそうなお店に飛び込み、その雨をしのいだ。
小降りになると、やはり早くホテルに入り落ち着きたくなった。
再び地図を出し、それを頼りに予約してあるビジネスホテルを探す。
ネットにあった写真と同じ外装が見えて来てホッ。チェックイン開始時間より30分あまり早かったので、ロビーで待った。
ようやくどっしり重い鍵を渡され、エレベーターで7階のシングルルームに向かう。鍵を鍵穴に突っ込むと、拍子抜けするほど容易に開く。この鍵ではなく、他のだいたい形が似たものでもすぐ開いてしまいそうだ。その上、室内からかけられるチェーンもついていない。これでは外出時も在室時も不安だ。

とりあえず荷物を下ろし、ハンガーに服を掛けたりしながら考える。
高級でもなく、シティホテルでもないからこれくらいのものなのか、沖縄だからいい意味でのんびりしていて、犯罪が稀で、ホテルもこれで大丈夫だと思っているのだろうか、、、、、、そうかもしれない。
私は良い方に解釈することにして、沖縄しか放送されないテレビ番組や、ひとりの夕食をそれなりに楽しみ、熟睡できないまま朝を迎えた。
すべて荷物を持ち、歩いて領事館へ行く。開館時間を待ち、一番に入室。出来上がった書類を見て喜んだのも束の間、その書類を持って
台湾の中正国際空港到着後、空港内にあるという外交部の出張所みたいなところへ行き、受理されてめでたくビザが下りるという。
は? そうなんですか?
道のり、はるか遠し、、、
posted by マダム スン at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾に家庭を持って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。