2009年03月09日

台東で釈迦をひとカゴ買う。

二泊世話になった知本のリゾートホテルを後にし、一家3人と車いっぱいの荷物を乗せて、陽光の下走り出した。
私は幼い頃から、いわゆる「枕が変わると眠れない」体質で、修学旅行や外泊というと、楽しさと同じくらいの憂鬱が付いてきた。
だが、不思議なくらいこの旅では眠れた。喜びを感じるとともに、別人になった自分のようでもあった。出産すると体質が変わる人がいると聞いたことがあるが、私も好例のひとりになったのだろうか。

その日も晴れた。3月末、台湾は春を過ぎ、初夏の様相を見せ始める。パジェロが疾駆する道端に、今日もあちこち並ぶ露店。リーとは前日に相談済みだ、釈迦を買って帰ることにする。仏像ではない。釈迦は果物の名前である。
台東は釈迦の産地として有名だ。台北のスーパーや市場で見かける値段よりずっと安く、物は数倍立派なものが手に入る。幹線道路に数え切れないほど露店が出て、農家が畑から直接、どんどん収穫した釈迦を並べ、売っている。カゴ入り、箱入り、袋詰め、何でもOKだ。
リーが車を停め、農作業の途中であるらしいイデタチのおばさんとしばらく言葉を交わし、赤いカゴ入りの釈迦を提げて戻って来た。大粒、プリプリ、安い、新鮮! 釈迦好きの私の胸は躍る。
あ、忘れるところだった。なぜ、釈迦というのか。
それは、外観がお釈迦様の頭にそっくりだからだ。そう言われれば、と誰もが合点し、微笑んでしまう代物である。
大きさや種類は色々あるが、手で難なく割れるくらいに熟してから、ガブリと直接かじって豪快に食べる。黒い種がたくさんあって食べやすくはないが、甘くて食べ応えがある。おいしい。
台湾へお越しの際は、ぜひ釈迦をご賞味いただきたい。
posted by マダム スン at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 母になって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。