2008年12月25日

両親に会いに行く

小さいメモの切れ端に書き留めたリーの両親が住む家の電話番号は、座ると私のちょうど膝の上にくる引出しの中からひょっこり出て来た。見つからなければあきらめようと思っていただけに、かえってそのメモ切れの出現は運命じみたものを感じさせた。
土曜日だったと思う。午後、私は自室の窓際でケータイをドキドキしながらプッシュした。出たのは彼の父親だった。
「こ、こんにちは、私、リーさんの会社の同僚なのですが、、、、」
ひどく緊張してそう言うと、
「お〜い、リーの日本人の彼女からだよ。」
と妻を呼んだ。
え? 彼女?
動揺していると、リーの母親が変わって出た。高い声だった。2人の話しぶりから、リーはちゃんと私のことを両親に話しているのがわかった。
「あの、、、、、いつもリーさんにはお世話になっております、、、それで、彼は香港にいるわけですが、ぜひ、一度ご両親のお顔を拝見したいと思いましてお電話差し上げました。今日これからでもおじゃましてよろしいでしょうか?」
ずいぶん厚かましいことを言い出したものだと今さらながら赤面する。案の定、特に彼の父親は、息子が不在の時にそれはまずい、ともっともなことを言ったが、私の勢いと、母親のおおらかな(?)性格のおかげで、何はともあれ会ってもらえることになった。

私は急いで用意し、バス停のそばのパン兼ケーキ屋でロールケーキを買い、バスに乗った。
posted by マダム スン at 05:00| Comment(0) | リーと歩き始めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。