2008年11月28日

勤労学生、パソコンに出会う

中国語の学校は、かつて通ったことがあるいわば母校で、勝手がよくわかり、また、再び戻って来た感慨も深いものがあった。相変わらず学生層は厚く、何十カ国から、様々な身分、年齢の人が集っていた。
私は10時から正午の授業を取り、その後出勤した。朝電車で登校し、お昼はバスや電車で会社に向かった。会社まで最短のアクセス方法を探し当てるまでしばらく時間を要したが、安く、乗り換え無しで行けるバス通勤に落ち着いた。正午前後はバスも空いていて快適だった。
前大家さんの紹介で面接を受け、採用されたのは台湾のオンラインゲームの製作や配給を担う若くて急成長中の企業だった。この業界では珍しくはないが、例に漏れず、社員の平均年齢が20代という、とんでもない会社だった。いや、何もとんでもないわけではないのだが、当時私はその年齢を優に過ぎていたため、なんとも複雑な思いだった。
社長でさえ私より3歳ほど年少だった。
ゲームのことなど素人中の素人だったので、入社後は戸惑いとプレッシャーと緊張に苛まれた。まず、パソコンのいろはから教わらねばならなかったし、翻訳の作業もあり、より高度な中国語能力を要求された。
当時で300名ほど社員がいたが、全員のデスクに会社から支給されたパソコンが座っていた。メカ音痴の私も、ネット化される時代の流れに否応なく呑まれることになった。
posted by マダム スン at 04:53| Comment(0) | 再び台湾へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。