2008年11月20日

祝!賃貸契約成立

東京で過ごした学生時代4年間は、大学から徒歩で通える一般家庭に間借りしていた。入学手続きのため大学を訪れた際、学生課で紹介していた物件の中から選んだ。「一人暮らしは許さん」との父の命令が下されたし、高校3年間寮生活をした疲れもあり、自分ひとりの部屋があるだけで、まったくの一人暮らしでなくてもかまわなかった。
社会人になったら、会社が用意してくれたワンルームマンション。あとは実家、台湾では誰かが借りている家にシェアして置いてもらっていたので、私にとって初めての借家賃貸契約はあの時だった。
約束の時間になると、気のいい大家さんが日に焼けた黒い顔に白い歯を見せて現われた。
幹線道路沿いの不動産屋で、記念すべき賃貸契約式は抜かりなく執り行われ、あとは引越しの日を待つだけになった。
一回目の留学時代を懐かしく思い出した。そして、今や自分で、中国語で部屋を借りられるようになったことがとても感慨深かった。
会社ではパソコンを教わり、中国語で仕事をした。ローマ字ピンインを入力し変換すると、ずらりとその音にあたる漢字が出て来る。その中から目当ての一字を選びenter。中国語学校で入門、基礎の基礎を学んでいた頃からすると、考えられないほどの上達と言えた。
生まれて初めて部屋を借りた。それも、この愛しい台湾で。
妹女史たちとの別れはつらかったが、私は台北で生きて行くたしかな手ごたえを感じていた。
posted by マダム スン at 05:07| Comment(0) | 再び台湾へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。